超ドキドキ!キャッシング利用の前に「落とし穴」を確認しよう!

超ドキドキ!キャッシング利用の前に「落とし穴」を確認しよう!

意外に見落とす収支のバランス

毎月決まったときに返済額を引き落とすことで、いつでもどこでも借りることができる融資、ローンは大変便利なものです。金利も法定金利を上回って請求するのは違法になりますので、まず自分なりのルールを決めて借金をすればそうそう返済できなくなることはないと思われます。

 

でも、家族もいて、住宅ローンもまだ残っているのに、突発的なリストラや、思いもかけぬトラブルや事故、病気のせいで働けなくなることがあります。そんなときにはどうやって生活を元の軌道にのせたらよいでしょう。

 

もちろん社会保障やいままでの貯蓄、保険などから補償額が支払われることもありますが、もしそれで生活を賄えなくなったらどうしますか。生活保護を受けていても、実際にお金が足りなくなることはあるでしょう。

 

借りているお金をいつも把握して、自分のお給料や毎月の入金額で賄える、返せる範囲になっていたら問題ありませんが、知らず知らずのうちに、借り入れをしないと生活費がとどこおる、またはお給料より生活費や使った額が上回るようになっていませんか。そうなると、融資、ローンの自転車操業になっていると考えてもいいでしょう。

 

もし自分がそんな状態に陥っていると思うなら、ただちに生活を見直して、収支のバランスをとることです、マイナスにすることは簡単ですが、支出を収入以内にとどめるのがとても大変なことが分かります。

参照リンク

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ